少ない手持ち資金で出来るアパート経営の利点

少ないお金で私的年金のメリットを享受できます

アパート経営のメリットとして、手持ちのお金が少ない場合でもスタートが可能です。オーソドックスな資産運用、あるいは投資につきましては、手持ちのお金の範囲内で実行します。しかし、アパート経営にあたっては、金融機関サイドより借り受けることにより手持ち資金以上の投資ができることになります。また、私的年金の調達に効果的です。公的年金、あるいは企業年金に対しての信頼度が下がってしまい、回復の目途が見え辛い現在では、アパートの経営は月毎の景気にも左右されない収入額が見込めることから、老後を想定した私的年金の調達に効果的です。そして、手持ち資金を減らさずに資産形成ができます。通常の場合、不動産を買い入れると、月ごとの給料からローンを返済する必要があります。しかしながら、アパートの経営にあたっては、入居者サイドより月に1度入ってくる住居の家賃収入をローン返済に充当するので自分の資金が目減りさせることがありません。返済の負担があまりなく、完済した後は担保不要の土地を手に入れ、資産にできます。

税制面においての優遇処置に関して

アパート用地につきましては、住宅用地の為、固定資産税、あるいは都市計画税の緩和が存在します。具体的には、土地の課税標準そのものが更地、あるいは駐車場と照らし合わせると6分の1に変化します。建物部分におきましても、新築のケースでは、それ相応の軽減措置が取り入れられています。加えて、相続税の評価におきまして、アパート用地につきましては貸家建付地となりまして、更地、あるいは駐車場と照らし合わせると、2割くらいダウンします。更に、建物に関しましては固定資産税評価額によって評価されますが、これに関しては建築費用の5から6割になります。その差が出た分、節税できます。

相続税や所得税においてのメリット

アパート経営で確保できる住居の家賃収入をストックすることにより、相続が生じた場合の納税のためのお金を手に入れることができます。ストックされた納税資金に関しても相続財産ですから、相続税は増えますが、納税のシンプルさが高まります。そして、経営スタート当初は、損益収支で赤字を出してしまうことがよくあります。こうした赤字は異なる所得とトータルできますので、結果として、課税所得が減ります。あらためていうまでもなく、税金が少なくなってもマイナスが生じては無意味ですが、減価償却費によりまして損失が生じた場合は、現実の上での現金収支はプラスとなり、節税となると言えます。